不妊と年齢の関係

少子化が叫ばれていますが、一向に改善されるきざしはなく、結婚年齢の上昇から、高齢出産が増えています。一昔前までは高齢出産は30歳以上とされていましたが、今では35歳以上での出産を高齢出産と呼んでいます。

 

寿命が延びたからといって、高齢で出産しても全て大丈夫というわけではありません。女性の体の仕組みを考えると、20代が一番妊娠・出産に適していることがわかっています。

 

年齢が上がるほど、妊娠しづらく、出産時の危険度も高くなります。
男性の精子は常に新しく作られていますが、卵子は女性として生まれた時から存在し、減っていくことはあっても新しく作られることはありません。しかも生まれた時に備わっていた200万個の卵子は、初潮を迎えるころには、すでに10%の20万個にまで減ってしまっています。

 

そして、さらに減り続け、35歳を超えると急激に減り、40歳までには初めの1%の約2万個にまで減っています。そして閉経すると完全になくなってしまうのです。

 

卵子の量が減ると同時に、卵子も老化していき、質も低下して妊娠しづらくなると同時に、妊娠しても母体や胎児へのリスクも出てきます。
今は、30歳以降の妊娠・初産を希望する女性が増え、妊娠しづらくなるというパターンになっているということです。

妊娠前には葉酸サプリメントの摂取も厚生労働省がすすめているようです。

不妊治療の費用

不妊治療は、保険が適用されるものとそうでないものがあります。人工授精や体外受精、顕微授精などには保険適応がありません。

 

保険適用されている不妊治療は排卵誘発剤などの薬物療法、卵管疎通障害に対する卵管通気法、卵管形成術、精管機能障害に対する精管形成術です。

 

体外受精は1回約20万〜50万円。人工授精は1回約1万5000円ほど。タイミング法は保険適用で1回あたり数千円。

 

不妊の特定治療には、国の助成金制度があります。窓口は市区町村にあり、対象治療法や対象者、給付の内容など一定の規則があります。不妊治療を考えている夫婦にとっては、知っておきたい情報です。

不妊治療を続ける方に

不妊治療はいったい、どこまでの治療を、どれくらい受ければ妊娠できるのか、誰もが期待半分、不安半分ではないでしょうか。この問題は誰にも共通するものではないので、マニュアル化することはできません。

 

最初はタイミング法を試していたけど、それをどのくらいの期間続ければいいのか、またステップアップはどのタイミングでするのか、費用は、などなど大変難しい問題です。

 

不妊治療の成功率はたとえ、ステップアップして高度な生殖医療を受けても、成功率は自然妊娠とほぼ同じ確率の20〜25%と言われています。

 

治療にたずさわる医師も、続けることをすすめることもできないのです。
結局は、それぞれのご夫婦の意思に任せる、ということです。

 

 

不妊症の基礎知識

不妊症とは、赤ちゃんが欲しいと望みながら、2年以上妊娠しない場合をいいます。
健康な男女が、通常の性生活を営んでいる場合、1年以内に約80%、2年以内にでは約90%が妊娠しているという報告があります。

 

ということは、赤ちゃんが欲しいのに恵まれないというカップルの10組に1組が不妊症に悩んでいるということです。

 

以前は不妊症の多くの原因は、女性にあるとされていましたが、実は不妊原因の約半数は男性側にあると言われています。

 

不妊症かもしれないと感じたら、どこへ相談に行けばいいのか。日本の場合は、産科婦人科の領域となります。産科婦人科の中で不妊症を専門に扱う医院や医師をなるべく早く受診することが大切です。

不妊の現状

WHO(世界保健機構)の調査によると、現在、不妊症の原因は女性のみにある場合が41%、男女ともに原因がある場合は24%、男性のみの原因も24%、原因不明が11%となっています。

 

加えて日本では晩婚化が進んでいるため、不妊に悩むカップルは今や10組に1組以上と増加しています。
産科医は、女性が35歳以上なら、早めに検査を受け、治療を始めることを薦めています。

 

また、20代であっても一度も婦人科を受診していないと、自分では気づいていない病気が隠れていいる可能性があります。子宮や卵巣の病気には、無症状のものも少なくありません。今はまだ赤ちゃんを欲しいとは思っていなくても、いつかのために20代から年1回の婦人科チェックをすることは絶対必要です。

男性側に問題がある場合には 精力剤の選び方 も参考にしてみてはどうでしょう。

更新履歴