不妊治療と鍼灸

不妊症を鍼灸で治療する?、なにか時代遅れの感じがしますが、不妊症の女性が鍼灸で妊娠したという口コミがあります。

 

冷え性や自律神経の乱れ、ホルモンバランスの崩れなどを鍼灸で治療した結果、健康になり妊娠しやすい体になったというのが実情です。

 

自律神経の乱れなどは子宮、卵巣などの生殖機能の衰えを起こし、不妊症の原因になります。

 

鍼灸で自然治癒力を促し、冷え性を改善、血液循環の改善、リンパ液の流れを促すことで健康体となれば、不妊症にも効果が出るというものです。

鍼灸治療の不妊治療の流れを見てみましょう。

鍼灸治療ではあくまで自然に妊娠することが基本です。妊娠しない期間が続いている方は、まずは、体質改善に鍼灸の治療を受け初めてもよいでしょう。
体質改善は直ぐにできるものではありません。じっくりと腰を落ち着けて取り組みましょう。そのためにも、自分に合う治療院を探すことが重要です。信頼できる治療院で鍼灸治療を受けることができれば、精神的にも安定できますから、体質改善、そして心身共に健康になるこ近道と言えるでしょう。長く通う事になるので、話しやすい、相談しやすい、落ち着く、そんな場所にしたいものです。そしてもうひとつ大事な事は、施術を受けている時に、心地よいと感じられること。これは大変大事な事です。もしも
不快な思いが起こる場合は、自分に合っていない可能性があります。別の鍼灸院を探したほうがいいでしょう。鍼灸の施術というのは、体のツボを刺激して体を健康にしていきます。ですから、その施術自体が合わないと感じるならば、他の鍼灸院を探すか、施術自体を止めることも視野にいれなければいけません。さて、鍼灸治療では、全身に分布しているツボを刺激し、カラダの機能を正常化して、
人間が本来持っている自然治癒力をアップさせながら、健康体に導いていきます。西洋医学では当たり前の薬には頼りません。ツボを刺激して、まずは、体が健康になり、そうして妊娠しやすい状態にしていくのです。もし
健康ではない体のまま妊娠したらどうでしょうか。元気な赤ちゃんを産めるでしょうか。母体も苦しい出産となる可能性も高くなるでしょう。あくまで自然な妊娠ができるように、健康になり、そして本来持っている妊娠をする機能も正常化したのちに、妊娠できるようにしていきます。そのためにも
鍼灸で不妊治療をするポイントがあります。それは、そのひとに合った施術ができるかどうかです。ですから治療院の先生の腕も大きく関係しています。鍼灸院で人気のあるところは、まず腕が良いと思っていいでしょう。
そんなところに通うようにしましょう。