不妊検査

不妊症の原因は、男女半々にあります。検査は初診から夫婦がそろって受けるようにすると時間が無駄になりません。検査は女性はチェック項目が多く、時間がかかりますが、男性は比較的簡単です。

 

女性側の検査は、月経周期に合わせて色々な検査を行うため、数カ月かかることもあります。基礎体温を1〜2ヶ月つけて持参すると全体の検査が速く進みます。

 

基礎検査では、年齢、結婚年数、不妊期間、初経年齢、月経の状態、妊娠・出産・中絶の経験、性交の状況、避妊の状況、過去の病歴などの問診が行われます。プライバシーに関わる質問もありますが、必要なものですから医師を信頼して正確に答えましょう。

 

その後内診があり、必要に応じて身長・体重の測定、乳房のチェック、血液検査、尿検査などがあります。

不妊治療の検査の種類

不妊治療に入る前に、どうして妊娠しないのかを検査します。検査にはいろんな種類があります。ここで紹介しましょう。
「子宮頚管粘液検査」・・・
子宮頸管粘液を採取し、その量、粘り、結晶形成などをチェックします。
女性は排卵期に入ると、粘液の量が増加し、おりものに粘り気が出てきますが、
この粘液が少量ですと、精子が子宮へ入りにくいのです。この状態を「子宮頚管粘液不全」と言います。
「フーナーテスト」・・・「性交後試験」とも呼ばれている検査で、朝性行為をした後そのまま病院へ行き、頸管粘液を採取します。子宮の中を確認し、精子がちゃんといるか、また精子は動いているかをチェックします。この検査は不妊治療の流れで一般的に行なわれています。
「子宮卵管造影検査」・・・レントゲン検査のひとつです。膣にカーテルを入れて子宮まで届かせ、造影剤を注入し子宮卵管のエックス線撮影をする検査です。レントゲンで
子宮の形、卵管の通過性などを見ることができます。この検査は、当日、造影剤の流れを見ながら何枚も撮影するケースと翌日に撮影をするケースがあります。また
個人差はありますが、人によって痛みを感じることがあるようです。
「超音波検査」・・・
「エコー検査」と呼ばれています。超音波断層装置を使い、子宮や卵巣の状態を見ます。卵胞の発育具合や、子宮内膜の厚みなどがわかります。エコー検査には2種類あります。

 

ひとつは「経膣超音波」を使うものです。
膣の中にプロ−プという装置を入れ、超音波を送受信できるようにし、卵胞の発育状態を確認します。また
子宮内膜状態の確認では必須のものです。このタイプのエコー検査は画像が鮮明ですから、
卵胞や子宮内膜の厚さもはっきりと目で確認できます。しっかりと測定できるのです。もうひとつのエコーが、「経腹超音波」です。
お腹にプローブを当てておなかの上から中を見る方法です。内科などでも使われているものです。体外受精の胚移植時などに使います。これは
お腹の皮を通して見るので、先に挙げた「経膣超音波」を使うものと比べると鮮明さはよくありませんが、見える範囲が広くなりますから、子宮内外の全体を見ることができます。これは
胎児などの発育を見るために適しています。
このような不妊に関する検査を行い、その結果で治療方法も決まってくるのです。