不妊治療と食生活の関係

不妊治療は全て病院で行うものと多くの人が思っていることでしょう。しかし、自分でも出来ることはあります。まずは、健康になり、そして健康的な生活を送ることが不妊治療の始まりと言えます。健康でないと、本格的な不妊治療も思うように進んでいかないものです。まずは、普段の食生活の見直し、そして妊娠しやすい体質に変えていく努力をしましょう。不妊に悩む女性の多くが冷え性であると言えるようです。確かに冷え性ですと、血行不良を起し、様々な疾患の繋がります。冷えは
まさに万病の元であり、体温を上げることで、健康になるのです。当然妊娠したい方にとっては、冷えはよくないのです。具体的に言うと、
冷えが続くからだは、妊娠のための良い卵子が育つことにも悪影響が出ますし、受精後の着床がスムーズに行きません。その他様々なトラブルが起こってしまうものです。ですから不妊治療を始める前に、まずは自分で食生活を見直して、冷え性を改善しましょう。そのために
体を温める食材を積極的に摂ることが大事です。また、血行を促進する食べ物も食べていきましょう。少しずつ体質改善を図り、健康維持に努めましょう。そうすることで妊娠しやすくなるのです。これもパートナーも一緒になって行うといいでしょう。女性だけでなく、男性も健康になる食生活を送りましょう。男女両方が健康であることは、元気な赤ちゃんを授かるために大切なことです。

不妊に対して効果的な食べ物とは

不妊に悩んでいる方は、まずは体を温めて冷え性を改善するようにしましょう。そのために日ごろから食生活には気を付けたいものです。体を温める効果のあるものを積極的に摂るようにしましょう。具体的にどんな食物が効果を挙げるのでしょうか。昔から有名なものは、根菜類でしょう。
例えば、ニンジン、レンコン、ゴボウ、大根などです。この他にもショウガ、ネギ、にんにくなどもそうです。
大豆の製品になっていますが味噌や納豆も体を温めてくれます。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す成分が入っているのも大豆です。これは女性にとって積極的に摂取したい食べ物です。エストロゲンとは、子宮内膜を厚くしてくれる効果が期待できる物質です。妊娠したい方には是非摂っていただきたいです。この他に
不妊によい食べ物として挙げられるのが、フルーツでは、梅やクリ、りんご、サクランボです。意識して食べるようにしましょう。
血行を促進するための食べ物には次のものが挙げられます。玉ネギ、ニンニク、ショウガです。
ニンニクやショウガは、マスコミなどが多く取り上げていますが、体を温めてくれるとブームにもなっています。ご存知の方も多いことでしょう。妊娠を希望する方はこのふたつを積極的に料理に使うようにしましょう。この他に、緑黄色野菜全般やイワシ、イカ、ピーナッツも血行促進効果のある食べ物です。逆に
体を冷やしてしまう食べ物はなるべく避けなけらばいけません。
例えば、嗜好品のコーヒーやビール、トマト、レタス、ナスなど夏野菜も体を冷やしますから注意してください。また
南国のフルーツ、マンゴー、キウイ、パパイアなども、体を冷やします。季節的にも夏場の食生活は十分に気を付けましょう。暑いからといって冷たいものばかり摂るようでは冷えは改善されません。ここまでは特に女性の冷え性に対しての食物を挙げてきましたが、男性にとっても食生活は大事です。妊娠しやすくなるために、スタミナをつけること、精子を元気にすることなどが大事です。そのための食物を摂るようにします。豚肉、玉ネギ、トマト、さといも、山芋、たまご、イワシ、かき、カレイ、パルメザンチーズ、ピーナッツなどです。
特に精子の数が増えるとされているのが、亜鉛を含む食べ物です。さといも、やまいも、カキ、パルメザンチーズなどです。この他
ゴマは、リノール酸が豊富で、男性ホルモンの分泌を促します。パアートナーの協力がここでも重要ですね。二人で協力して毎日の食事に気を付け、妊娠に効果のある食物を男女ともに積極的に摂り、不妊対策を行っていきましょう。